ブログももう少しで終了です

  • 2017.08.17 Thursday
  • 22:41
こんばんは!
極楽錠前のKすがです。
 
演奏会まであと2日となり、このブログもあともう少しで終了となります。読んでくださった皆さん、ありがとうございました。皆さんに感想をいただいたり、反応していただいて、コミュニケーションすることができ、私も嬉しかったです。続けてほしい、というご意見もいただき、ありがたいばかりです。
 
考えてみたら、中学生くらいのころから、文章を書くことによって自分の考えや気持ちを整理してきました。ノートに書くこともあれば、長い手紙を書くこともありました。どちらにしても、自分自身の気持ちを外に出すことによって、客観的になれたり、一つレイヤーが上のメタな自分の見方を獲得することができ、自分自身を癒すことができたのかもしれません。(写真は中学生くらいのころのKすがです)


 
それは今も変わらなくて、今回ブログによって考え方や気持ちを表現し、みなさんとも関わることができたことで、自分の癒しにつながったように感じています。これは、言葉のコミュニケーションの力だったな、と思います。
 
先日、ブログでも言いましたが、私にとって言葉は大事です。
たしかに日本人の家族関係では、言葉によるコミュニケーションに重きを置かない方も多いように思います。「言わなくてもわかる」「『あれ』で通じる」「あえて言葉は発しない」ような方もいらっしゃいます。会社の中で「言われないでもやる」ことが美徳とされる場合もあります。
 
でも、やっぱり言葉は大事と私は思うのです。それは、自分の考えとは違う考えを持っているけれど、尊重しなければいけない人=他者と向き合う時には、間違いなく言葉が必要だからです。そして、他者と出会って、もどかしいけれど、お互いに理解しあいたい、お互いの関係や社会に変化をもたらしたい、となったら、言葉と態度と全身全霊を持って、相手と向き合う必要がある、と私は思うのです。
 
それは、初めて砂場で会った幼なじみの友達かもしれないし、学生の時に愛した恋人かもしれない。社会に出てからであった上司や、田舎に帰った時に久しぶりに会う親、配偶者、思春期を迎えた子供かもしれない。異国で出会った恩人、たまたま隣になった同僚。いずれにしても、その人はあなたとは違う経験と考え方と感情を持っている。そういう人を尊重しながらコミュニケーションをとるには、言葉という便利なものを使わない手はないのです。
 
極楽錠前はリコーダー集団なので、音楽でのコミュニケーションというのも大事にしていますが、言葉のコミュニケーションも大事にしていきたいですね。時にはお互いへの感謝や好意を言葉で存分に表現するのも、良いものだと思います。
 
第10回不定期演奏会まであと2日。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM