記憶力のない私

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 23:35

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

自慢じゃありませんが、私は記憶力に自信がありません。というか、忘却力はそうとうなもんです。人の名前、地名、年号、日付、いずれもかなりの確率で忘れることができます。日本と世界の歴史で憶えている年号はただ一つ、1600年関ケ原の戦いと東インド会社設立くらいのもんです。

 

世の中の人は、すごく人の名前、地名、年号、日付を憶えていられるので、いつも驚愕してしまいます。例えば、自分が何年から何年までどんな仕事を担当していた、とか、その時に会った人の名前とか、どこどこに行ったとか、すごくよく覚えていらっしゃる方もいるので、すごいなって私は思うのです。私はといえば、ついこの間行った中国の会社の社長さんの名前は、まったく憶えられませんでした。中国語の発音が難しいせいもありますが、訪問した会社の名前"Chengdu Jiangzhong(チェンドゥー ジャンゾン)"というのも、今週は口から出てこなくなってしまって、他人に説明するのにも困りました。

 

なんていうか、そもそも私の脳みそって、ちょっと痴呆が入ってるからいろんなことを憶えていられないんです。なんとか、自分の考え方の形を作っていられるのは、どのようなことが重要なのか、という判断と、そのロジックをどう構築するかということを忘れないでいられるからだと思います。論理的な道筋があることは、なんとか記憶に残りますが、それがないと、まったく記憶ができないという感じなのです。

 

もう一つ、私が痴呆老人と同じだなって思うのが、「感情と結びついた記憶は忘れない、いや忘れられない」ということです。例えば、自分が理不尽な扱いをされてしまった経験は、どうしてか記憶に残ってしまう。とても感動したことや、自分の人生に大きな意味があった出来事、変化はやはり忘れないのかもしれません。そういう点が、痴呆老人的自己と認識しています。

 

これから、いろんなことを忘れていくのかもしれないけど、できれば、楽しかったこととか感動したことを憶えていて、嫌なことを忘れられたらいいのになと思います。

 

演奏会まであと25日。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM