指回しの練習方法

  • 2017.07.20 Thursday
  • 23:14

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

本日は、リコーダーの指回しの練習方法を紹介します。日頃なかなか練習時間が取れない方もいると思いますが、本番までに時間があるようでしたら、こんな練習方法も試してみてください。なお、これらの方法は私のオリジナルではなく、一般的に木管の指回しで使われている方法です。多くの方が取り入れて、効果がある方法ですので、試してみる価値はあるのかな、と思います。

 

(1)リズム変え練習

非常に一般的な木管楽器の指回し練習です。例えば♬♬(タタタタ)といった形に音符が並んでいるときは、♬♫(タタタンタン)、♫♬(タンタンタタ)または、タタンタンタという風に、リズムを変えて練習します。この方法によって、自分の指がスムーズに動かないところを確認できます。さらに苦手なリズムを練習することにより、どの指も平均的にスムーズに動かせるようになります。

 

(2)フレーズの後ろからだんだん音を足していく練習

例えば♬♬♬♬=ドレミファソラシドというパッセージがあったとします。この時、「ドレミファ」から練習するのは素人です。音の到達地点を思い描きながら、練習するのはまずは「シド」です。シドだけがナチュラルに演奏できるよう、心がけます。次は、「ラシド」を同じように練習します。その次は、「ソラシド」の練習。一音ずつ、後ろから音を足して行ってください。最初のあたりは聴こえなくても、最後、音程が上がったところでしっかり聴こえて指も回るようになります。

 

(3)上げ指を意識する

どうしても、リコーダーの場合、指で楽器を持ってしまうことがあります。これを押しとどめるのが上げ指でしょうか。いつもより少し上げ指を意識すると、音の変わり目で発生しがちな「ポコっ」という音も発生確率は低くなるようです。

 

皆様、遅くまでありがとうございました。あと30日で演奏会です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM