人の話を聞くこと

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 23:46

こんばんは。極楽錠前のKすがです。


以前のブログで、昨年他人の話を聞く練習をしたという事を書きました。


人は、ある程度他人に話を聞いてもらった方がいいらしいし、できればそれは互恵的であると良いですよね。話を聞いてもらうのは、とても癒やしになる場合があるようですが、でも、聞く方も癒される場合があります。


不幸な例というのは、話を聞いているようで、話を聞いてない人に、聞いてもらう場合です。お互い面白い雰囲気だけど、勝手に自分の話をしてるだけで、聞いちゃいないっていう。割と世間にありがちなパターンでもあります。


このパターンに陥ると、話を聞いてもらえない不満が溜まってしまい、むしろストレスが高まるという事になります。で、話をしてる方は長話になるは、繰り返しは多くなるは、聞いている方は飽きてくるは、話をしてる方も聞いている方も不幸になります。


こういう時は、聞く方はとにかくちゃんと話を聞く事が大事です。あまり口を挟まず、相手の喋るペースで話させてあげる。特に悩んでる人は、話がいきつ戻りつになりがちなので、話を整理しつつ、相手が何を考えて感じているか、フィードバックします。


うまくいくと、相手は自分が本当はどうしたかったのか、自分で理解できるようになり、お互いがスッキリした感じになります。この過程では、聞き手のアドバイスや独自の意見はほとんど必要なく、話し手、語り手がどう感じてどう考えているか、を理解することだけで充分です。というか、アドバイスや独自の意見はむしろ邪魔なくらいです。


聞き手は、ただ、相手が自分の考えている事を捉えて、「こういう事を、感じて考えているんですね」と言うだけで、とても相手はスッキリして、お互いに理解できるという感じになれます。聞き手は、ほかに何も言わなくても、充分癒されます。

こうなると、なぜか、話し手も前向きになったりするんです。


他人と話して、イライラする時には、こんな事を思い出してみてください。ちゃんと聞ける、わかってもらえると、お互いスッキリするみたいです。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM