顔の脱力2

  • 2017.05.19 Friday
  • 00:41

こんばんは!

極楽錠前代表のKすがです。

 

遅くなってしまいましたが、夜中にブログ更新してます。がんばって毎日更新してます〜!

 

顔の脱力について、なんですが、変顔することによって脱力する方法です。

普段、顔の筋肉ってなかなか使わないことが多いか、もしくはずっと同じ表情になっちゃって、眉間のしわがくっきりできちゃったりします。顔自体がこわばっていたり、同じ表情を続けていると、表現の幅がちいさくなってしまったり、体全体が脱力できないこともあります。顔の脱力も演奏にとっては大事なのですよ。

 

で、顔の脱力のやり方。

顔の上下のライン、左右のライン、右上から左下へのライン、左上から右下へのラインを意識します。

この図の赤い線のラインで顔が8等分に分かれるような感じです。

で、このどれかのラインに沿って筋肉が引っ張られるようなイメージをつくり、顔をゆがめます。

例えば、右下の方に向かって顔をゆがめる場合はこんな感じになります。

できるかぎり、筋肉が赤い線の方向に引っ張られるように、顔を動かします。順番に8つの方向を意識して顔をゆがめます。

右下、下、左下、左、左上、上、右上、右、と順番に引っ張られるようにして顔の筋肉を動かします。

鏡を見てやっても良いと思います。

実際には、一方向に向かってゆがめると、顔全体がその方向に引っ張られるような感じになり、変な顔になると思います。

 

しばらくやっていると、なんだか、ばかばかしくなってきます。

このばかばかしい感じを感じながら、さらに続けていると、面白くなってきて、体が緩んできます。

試しに、深刻なことを考えようとしてみてください。変顔をしながら、深刻なことを考えようとしても、うまく考えられないことに気づくと思います。不思議なことに、変な顔をしながら、深刻なことは考えられないのです。

 

変顔のエクササイズが終わると、顔全体の筋肉も柔らかくなり、体も緩んだ感じになると思います。

筋肉を意識的に動かして、反動で緩ませる、というのは、肩の上げ下げでも有効です。顔の筋肉を動かす→反動で緩ませる時には気持ちの面でも緩んでくるようです。面白い表情を作るということが、面白いという気持ちを作るのは、興味深い現象です。

このエクササイズによって、あなたの眉間のしわも、少なくなるかもしれない!

ぜひ、試しに変顔のエクササイズをやってみてください。

このエクササイズは、ちょっとばかり恥ずかしいので、なかなかみんなのいる前ではできないこともあると思います。

ですので、自宅で一人の時にやるのが良いかもしれません。

 

皆様のリコーダーの可能性が広がることを願っております。

 

第10回演奏会まであと93日。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM