明日は極楽錠前第10回演奏会です

  • 2017.08.18 Friday
  • 17:58
こんばんは!
極楽錠前のKすがです。
いよいよ、明日は極楽錠前の第10回不定期演奏会です。
団員の皆さんはもちろん、お手伝いしてくださる皆様、聴きに来てくださる皆様に心からお礼申し上げます。
ここまで来たら、あとは演奏会で今までの成果を発揮するだけですが、やはりここまで来ても練習する人もいて、今、アプリコの練習場でM氏がティンパニの練習しております。私も見習って、くるみ割りの練習をしよう!
それから、2部で上映するスライドも昨日までアップデートがかかっていましたし、打ち上げの準備に余念のない人もいます。お客様からはまだいくつか問い合わせが来たりしています。ちょっと事情があって、私は2部の衣装の一部を改変したりしています。アンコールの練習は、私、毎日2回やっていましたよ!演奏会の最後には、いつも、次回の演奏会のお題を私から発表するのですが、それもまだ、今考え中です。
本当にぎりぎりまで、全員が演奏会に向けて動いています。

皆さんも、今夜は祭りの前の興奮を味わってください。きっと、明日になったらあっという間に一日が終わってしまうと思います。思い残すことがないよう、自分のすべてを出し切りましょう。
第10回不定期演奏会まであと1日。
ほぼ毎日更新したブログも今日でおしまいです。皆さん、お付き合い、ありがとうございました。明日、アプリコ小ホールでお会いしましょう!

ブログももう少しで終了です

  • 2017.08.17 Thursday
  • 22:41
こんばんは!
極楽錠前のKすがです。
 
演奏会まであと2日となり、このブログもあともう少しで終了となります。読んでくださった皆さん、ありがとうございました。皆さんに感想をいただいたり、反応していただいて、コミュニケーションすることができ、私も嬉しかったです。続けてほしい、というご意見もいただき、ありがたいばかりです。
 
考えてみたら、中学生くらいのころから、文章を書くことによって自分の考えや気持ちを整理してきました。ノートに書くこともあれば、長い手紙を書くこともありました。どちらにしても、自分自身の気持ちを外に出すことによって、客観的になれたり、一つレイヤーが上のメタな自分の見方を獲得することができ、自分自身を癒すことができたのかもしれません。(写真は中学生くらいのころのKすがです)


 
それは今も変わらなくて、今回ブログによって考え方や気持ちを表現し、みなさんとも関わることができたことで、自分の癒しにつながったように感じています。これは、言葉のコミュニケーションの力だったな、と思います。
 
先日、ブログでも言いましたが、私にとって言葉は大事です。
たしかに日本人の家族関係では、言葉によるコミュニケーションに重きを置かない方も多いように思います。「言わなくてもわかる」「『あれ』で通じる」「あえて言葉は発しない」ような方もいらっしゃいます。会社の中で「言われないでもやる」ことが美徳とされる場合もあります。
 
でも、やっぱり言葉は大事と私は思うのです。それは、自分の考えとは違う考えを持っているけれど、尊重しなければいけない人=他者と向き合う時には、間違いなく言葉が必要だからです。そして、他者と出会って、もどかしいけれど、お互いに理解しあいたい、お互いの関係や社会に変化をもたらしたい、となったら、言葉と態度と全身全霊を持って、相手と向き合う必要がある、と私は思うのです。
 
それは、初めて砂場で会った幼なじみの友達かもしれないし、学生の時に愛した恋人かもしれない。社会に出てからであった上司や、田舎に帰った時に久しぶりに会う親、配偶者、思春期を迎えた子供かもしれない。異国で出会った恩人、たまたま隣になった同僚。いずれにしても、その人はあなたとは違う経験と考え方と感情を持っている。そういう人を尊重しながらコミュニケーションをとるには、言葉という便利なものを使わない手はないのです。
 
極楽錠前はリコーダー集団なので、音楽でのコミュニケーションというのも大事にしていますが、言葉のコミュニケーションも大事にしていきたいですね。時にはお互いへの感謝や好意を言葉で存分に表現するのも、良いものだと思います。
 
第10回不定期演奏会まであと2日。

リハの録画を見たよ

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 23:05

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

この前の日曜日にステージリハーサル(ステリハ)を行いました。その時の2部の録画を見たので、その感想と本番への意気込みを語ります。

 

演奏としてはだいぶ仕上がっているのですが、フォルテでの音程がやはり気になるところが多いです。

特に2部の最初と最後の曲、迷い道のですが、かなり音程が厳しいところもあるので、あまり頑張りすぎないように気を付けましょう。

リコーダーは息の圧力が強くなるとあっという間に音程が上がる楽器ですので、改めてそれを意識していきましょう。

もしもまだ指の練習ができるようでしたら、左手の親指を外した脱力練習をやってみてください。細かいところの練習の成果が出ると思います。

ピアノで入るときにびくびくしすぎるといいタイミングで入れなかったり、音程が怪しくなるので、そんなにピアノにしすぎないでしっかり入ってもらった方がいいように思いました。(ジュラシックのイントロあたりとか)

スライドが出るときの演奏者への照明ですが、もう少し暗くてもいいのではないかと思います。その方がスライドが良く見えるような気がします。全体的にその傾向がありますが、特にカルミナのイントロ、せかちゅうの最初の部分は明るすぎる。イントロで暗転しスライドを見せて、その後奏者明転でもいいのではないかと思いました。

火の鳥のイントロの音と入りのタイミングは外さないようにしよう。

 

そんな感じですが、演奏、スライド、ナレーションも、流れがスムーズで、「現在・過去・未来」の世界に入り込める感じで良かったです。極楽スタッフの過去と現在のスライドも楽しい感じですし、最後の火の鳥への流れも良かったように思います。ぜひ、最後まで良いステージになるようにみんなで頑張りましょう!

 

演奏会まであと3日。

涼しい日が続いていますね

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 22:59

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

最近涼しい日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。こんなに涼しいと、冷やし中華なんて食べたくなくなっちゃう。

…そうなんですよ。人間、温度によっていろいろな行動を左右されたりしているのです。

例えば、夏の気温の上昇に伴って、以下の温度で物が売れるようになるそうです。(ちょっと私が会社で聴いているのと違うかもしれないけど)

22度 ビール、ジュース
23度 浴衣・甚平
24度 水着
25度 麦茶
26度 蚊取り線香などの殺虫剤
27度 アイスクリーム
28度 鰻の蒲焼き
29度 日傘
30度 かき氷/アイスクリームは売れなくなる/冷たいお茶、水が売れる

 

はい、ここで大きな問題なのですが、たかだかちょっと個人的に「ジュース飲みたいな」「ビール飲みたいな」という変化があることで、世の中の飲料の売れ行きというのが大きく変わるわけです。かくいう弊社もそういったことに影響を受ける会社の中の一つでありまして、夏に気温が高いことは、冬のボーナスの額に影響してきます。えーっと、ですからみなさん、とにかく夏にはジュースとかアイスとか、飲んで食ってください。できる限り、美味しいにおいのするもの(フルーツとかバニラとか)がいいですね。

 

とは言っても、こんなに気温が低いんじゃ、冷たい飲み物なんて欲しくなくなりますよね。洗濯の頻度とかシャワーの頻度も落ちそうで、ますます、弊社売り上げが心配になる今日この頃です。夏場が涼しいのは個人的には嬉しいですが、世の中のたいていの会社は「夏暑く、冬寒い」方が売り上げが上がって幸せになるようです。日本の経済発展のためには、ぜひ、暑い夏カモン!としたいところですね。まあ、こまわりくん的にはここ最近は「暑い夏、死刑!」というわけで、「秋がやってきたのだ。あきはやっぱり、んが!なのだ」って感じですけど。演奏会の日は、涼しいけど雨は降らないでほしいな〜と思っています。

 

演奏会まであと5日。

 

 

Vigan restaurantについて

  • 2017.08.14 Monday
  • 21:44

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

10月に会社のインドアフィリエートから研修生がやってきます。1週間日本に滞在する予定なのですが、ベジタリアンなので食事について検討中です。ベジタリアンといっても、ラクト・ベジタリアンという乳製品&野菜が食べられるベジタリアンです。卵、肉、魚はだし類も含めて食べられないので、和食のお店も厳しい感じです。パンも卵を使っているとだめですし、ベジタリアンは肉や海産物を揚げた油を共用することもNGなので、野菜の天ぷらなんかも食べられないことがあります。

 

一般的には、インド料理店ではベジタリアン食を扱っているところが多いので、そういったところに連れて行くのが無難そうです。でも、せっかくインドから日本に来たのに、滞在中の食事がずっとインド料理のベジタリアン食ばかりというのも、なんだかツマラナイような気がしませんか?

 

というわけで、調べてみると、それなりにViganレストランも都内にあったりします。Viganというのは、乳製品も含め動物性のものは一切使用しない主義のこと。このような厳しい制約がありながら、大豆のたんぱく質で肉っぽいものを作って、焼き鳥っぽいものや酢豚っぽいもの、ウナギのかば焼きっぽいもの、握り寿司っぽいものを出しているレストランがあります。

例えばLoving Hutさん。ウナギのかば焼き重は、なんだかとても本物っぽいです。…食べてないから、実際のお味はわかりませんが。写真を見ていたら、なんだか、ちょっと試してみたくなったよ。野菜ばっかりでこんなうまく作ってくれるなんて、食べてみたいです。

 

あと、行ってみたいのは ぎんざ 泥武士。ここは、野菜料理のお店として以前から知っていましたが、ランチで4,000円以上するので、あまり行く気にならなかったのです。高すぎる気がして。でもVegan対応可能で和食っぽいものが出てくるなら、海外からのお客様のディナーとして、いいかもしれない。ちなみにランチコースもディナーコースもあまり値段は変わりません。Veganコースは5,600円です。

 

ランチはインドレストランのほか、サブウェイのベジタブルチーズサンドとポテトや、いなりずし、かっぱ巻き、かんぴょうまきとか、蕎麦屋でざる蕎麦+醤油、ゆでた野菜(なめこ、おくら、わかめ)のトッピングとか考えています。

 

と、だいぶいろいろ考えて、なんとかなるかも〜〜とか思ってます。一方、それはいいんだけど、一緒に研修する中国人の女性もいて、これまた一緒にご飯を食べさせるのも考えものだな、という気がしています。せっかく日本に来たのに、野菜ばっかり!というのもね…。中国人女性は「なんでも食べます!」だしね。さて、どうしたもんかなあ。

 

演奏会まであと5日。

今日は極楽錠前のステリハでした

  • 2017.08.13 Sunday
  • 20:39

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

今日は来週の本番に向けて、ステージリハーサル、いわゆるステリハってやつをやりました。

2部のスライドを映したり、ナレーションの練習をしたり、ティンパニや与作(ビブラスラップともいう)、ランケット、スライドホイッスルなどの特殊楽器の練習にも余念がありません。(ランケットとかビブラスラップとかは何か教えない)

 

結構、演奏的には良くなってきたと思いますが、一部動画を撮影したので特別公開します。失敗しているのも途中のもあるけど、本番をお楽しみに、みんな待っていてね!(関連動画で、ほかの曲もあります。途中までのも多いけど)

 

 

 

 

来週の土曜日には本番だよ!

演奏会まで、あと6日。

パンケーキ

  • 2017.08.13 Sunday
  • 04:09

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

明日(もう今日か)はステリハです。楽しみですね。

さて、今日はパンケーキの話。パンケーキ、ブームでしたけど私は全然食べていませんでした。

というのは炭水化物を控えるようにしていたからです。なのですが、このところどうしてか、炭水化物が猛烈に食べたい!と思うときがありまして、今日は急にパンケーキを食べてしまいました。

 

川崎にあるジェイ・エス・パンケーキ・カフェ

シンプルなものもありますが、フルーツやクリームがたっぷり乗ったもの、ソーセージや野菜、カレーが合わさったお食事タイプもあり、生地はノーマルのとフレンチトースト風にしたフレンチタイプもあります。今日は、甘いものが食べたかったので、ストロベリー&バナナのノーマル生地のタイプを頼みました。

うーん、美味しそうでしょ。カフェオレとセットで1600円。…ちょっと高いけど、たまにだからまあいいか。

 

しかし、人間、炭水化物を控えていると、どうしてこんなに急に炭水化物を食べたくなるのだろう。

以前、ダイエットをしていて炭水化物を控えていた時も、急にやめたくなってパンやうどんを食べ始めました。

最近はダイエットと言うことでもないのですが(体重管理はしていないので)、控えめにしていました。

 

私の場合は、炭水化物と言うと、小麦粉のようで、パンや麺類が食べたくなります。ご飯はそれほどほしくない。

ご飯は平日ランチのお弁当で食べているから、なのかもしれません。雑穀を混ぜて、ヘルシーかつ量も少なめです。

パンや麺類はふだんとっていないので、急にほしくなるのかな。血糖値の問題というだけではないような気がしています。

好きなものを我慢しているという状態も関係があるのかもしれません。

結局、甘いものも、麺やパンも好きなんですよね。それを、ずっと我慢することができないだけなのかもしれない。

 

よく思春期の欲求を我慢することができるように、代償行動や昇華行動などが提案されていますが、結局のところ「欲しいものを我慢してほかのもので満足することなどできない」というだけの話なのかも知れません。

 

演奏会まであと7日。

 

最近の消臭事情

  • 2017.08.11 Friday
  • 20:52

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

会社の業務の関係で臭い関係のWeb記事をたまに読んでいます。今日気になったのは以下。

男のニオイを消せ!脱臭ハンガーに消臭下着、新商品続々

記事によると「スメハラ」(スメルハラスメント)と言う言葉が出てくるくらい、においを気にしている人が多く、消臭関連のグッズがたくさん開発されているそうです。消臭マスク、消臭扇風機、消臭ハンガーなどなど。詳しくは元記事に当たってください。

 

私が気になったのは、3ページ目にある消臭下着の機能についての解説。

「…脂臭(原因物資:ジアセチル)や加齢臭(ノネナール)はもちろん、汗臭(アンモニア)、ワキ臭(酢酸など)、足臭(イソ吉草酸)、オナラ・排泄臭(インドール、硫化水素)も消臭できるという。しかも、同社の調査では、わずか30秒で80%超の消臭率を達成し(ミドル脂臭は30秒で50%の消臭率)、100回の洗濯を経ても消臭力はほとんど衰えなかった。…」

 

人体の嫌なにおいの原因って、結構解明されているんですよ。そのデータをもとに、消臭が何パーセントできているか、という検討をして、消臭グッズって開発されているのです。「へーーー」って、さらっと、読み流した人は想像力が足りないです。「どうやって???」って思った人、はい、鋭いですね。なんか、嫌な感じの実験が頭に浮かぶでしょ?

 

実際に私が以前経験した実験について説明しましょう。そのころは、まだ汗集とかオヤジ臭(加齢臭)とかって、何が原因なのかわかってなかったのね。会社でそういった悪臭関係の研究をしている人がいるので、協力してほしいということで、その時は若手男子、女子が集められました。恒温室っていう一定の温度に保てる実験に使う部屋がありまして、水着に着替えて(水着は自前です)その恒温室に入れられます。恒温室の温度は多分40度くらい。今はやりのホットヨガの温度くらいですね。ちょうど人が一人はいるくらいの、巨大なビニール袋が各自に用意されていまして、ビニール袋にすっぽり入って1−2時間。汗がビニール袋にたまるのを待ちます。その汗を回収して、においの成分を溶媒抽出し、機械にかけて分析するのです。

 

オヤジの臭いを分析したい場合は、妙齢のオヤジばかりが集められて、同じようなことをさせられます。ここで大事なのは、「オヤジの臭いとオヤジではない人の臭いの違いを理解すること」です。オヤジの臭いだけを分析すると、オヤジの臭いを含んだ悪臭の全体像はわかりますが、オヤジ特有の悪臭の本体について把握することが難しいわけです。ですから、対照群の設定が必要になりますので、若手男女の悪臭分析も必要となってきます。また、このような生物を対象とした実験の場合、一人二人のサンプリングではばらつきがありますので、ある程度のサンプル数が必要になります。要は「オヤジっていっても、相当、オヤジ臭い奴もいれば、そうでないやつもいる。」っていうことです。だから、オヤジをたくさん集めて、汗を回収する必要があるのです。

 

また、大事なのは官能評価です。官能評価って??はい、ずばり、臭いをかぐことです。実際、どういった臭いが「オヤジ臭の臭いなのか」を知らなければ、正しく機械で分析をすることができません。実際にオヤジの臭いとは、どんな臭いかを鼻で感じ、その匂い自信の特徴をデータの中からピックアップしていく必要があります。その時に使うのが、人間の鼻なのです。そこで、まずは汗のにおいを実際に自分で官能評価(鼻で嗅ぐ)し、「これこそはオヤジ臭!」という臭いを鼻で理解します。その後、機械によってオヤジ臭を含んだ悪臭本体を細かく分別し、分別された臭いの化合物一個一個を嗅ぎながら、機器分析を行います。この作業によって、分別された臭い化合物の中のどれが「オヤジ臭本体」かを知ることができるのです。

 

かように、世の中の「悪臭本体をとらえる実験」は行われているのです。汗を分析するほか、何日か来たシャツや靴下を分析したり、脇パッドみたいなものを分析することもあります。そして、その化合物をうまく分析でき、どのくらいの濃度があるのかをさらに追及し、それがどの程度「消臭グッズ」によって濃度低減することができるのか、ということまで実験して、はじめて「消臭効果が〇パーセント」みたいなことが言えるわけです。

 

はい、皆さんもうお分かりですよね。記事の中にさらっと「消臭効果〇%、△時間持続し、×回洗ったときにも効果は◎%持続した」とか書いてある時には、「どんだけオヤジ集めて実験したんだよ〜!!」って頭の中でオヤジが狭いところに押し込められて汗かいている図を想像してください。

 

演奏会まであと8日。

 

バーミヤンとかサイゼリヤとか

  • 2017.08.10 Thursday
  • 22:35

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

蒲田にある会社から川崎の自宅までたまに歩いて帰っています。

蒲田→雑色→六郷土手→川崎という経路ですが、雑色の駅前にバーミヤンがあって、一度行ってみたいと思っていました。その2階にはサイゼリヤです。で、今日は一人でバーミヤンに入って夕食を食べました。ビール299円、枝豆199円、餃子149円という安さ。グラスワインは100円、岡山山椒入り濃厚つけ麺が649円。めちゃめちゃおなか一杯です。しかもけっこうおいしいです。

 

まあ、私はなんか食べた後、最後にお金払った時においしさが決まると思っていますので、安いところは評価が高くなる傾向はあるかもしれません。サイゼリヤとかバーミヤンとか、コストパフォーマンスがいいなと思います。なにしろ、お酒の値段が安いです。ビールは基本、中身が一緒と思いますので、値段の差があってもおいしさは変わりありません。グラスワインに至っては100円ですが、けっこうちゃんとワインとして良い感じです。このへんの調達能力のすごさは、素晴らしいと思います。1000円ちょっとあれば、ずいぶんおなか一杯ですし、お酒も飲めます。

 

最近はこういった安くて美味しいところが増えていていいなと思います。自分が年をとって、年金暮らしになったら、どうやって安くおいしいものを食べていこうか、と今から考えています。もちろん、自分のうちで食べるのが一番いいのですが、安く外食するなら、どういうところがいいかな、と考えるのも面白いです。

ちなみに、バーミヤン、サイゼリヤのほか、テング酒場、晩杯屋なんかはいいと思います。皆さんもおすすめの安くて良いレストラン・食堂があったら教えてください。

 

演奏会まであと11日。

 

 

 

 

人間関係の階層構造について

  • 2017.08.10 Thursday
  • 06:34

こんばんは!

極楽錠前のKすがです。

 

人が自分の関与する人間関係を認識する場合、あらゆる人を同じように捉えるのではなく、ある程度の階層構造で捉えるようです。

一般的には、自分に一番近い家族や配偶者をコアの関係として捉え、その少し外側に友人や親しい知り合い、その外側に会社の人間関係やあまり親しくない友人、さらにその外側に知人の知人やよりかかわりの薄い人、というように自分を中心とした階層構造を持っています。自分に近い人ほど、自己開示の度合いが大きく、関係に対する期待も大きくなるそうです。

 

この階層のどこにだれを所属させるかは、人によって異なりますし、ある程度流動性があるものです。例えば幼少期には親が最も近いコアに所属しますが、大人になると多少外側の階層に位置したり、友人がより親しくなって内側の階層に入ることもあれば、離れて外側の階層に移動することもあるでしょう。

 

人間関係に問題がある場合、自分のコアに近いところに問題があるほうが、ダメージが大きく、その人の全体の生活に大きな影響を及ぼすようです。例えば、会社の人間関係が悪くても、家族が支えてくれる人であれば、会社を変えるなどの別の選択肢を考えることができます。逆に、会社では問題がなくても、離婚問題などを抱えている場合は、人は非常に大きなストレスを抱えてしまうこともあるようです。ストレス指数の中でも配偶者の死や離別は相当大きなストレスに換算されていて、最もストレス指数が大きいものとされています。

 

そういうことから、人間関係をフラットにとらえるのではなく、自分の階層構造の中で優先順位をつけて、解決していくことも大事かもしれません。例えば、会社での嫌なことについては、今すぐには避けられないものですが、職場を変えたり人が変わることによって解決する可能性があると捉えられるかもしれません。逆に家族の問題に関しては、多少エネルギーが必要でも、長い目で見てよい方向に行くように、努力を続ける必要があるでしょう。

 

そんな風に、自分の注力するところを考えつつ、より良い人間関係を築いて行けるようになるといいなと思います。個人的には、自分のコアに近い仲の良い人を増やしたり、より理解できるようになればいいなと思います。自分に近いほど、言葉が少なくなったり、「言わなくてもわかるだろう」という甘えも出てきがちです。が、それでうまくいかなくなってしまうことが、往々にしてあるように思います。自分の言葉や、言葉以外の表現にも自分の周りの状況を良くしていきたいな、と思います。

 

あと11日です。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM